読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ゲーム感想ブログ

BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz- 感想と少し攻略

 

 

 

 

ファン待望の移植ですね、発売したのが結構前で双子猫の方はプレイはした事があるのですがもうかなり前なので詳しくは覚えてないです。強烈に覚えているのはとにかくやばかった双子とユリアンの一部の話くらいかな、この作品はディアラバとはまだ違った重さで結構好きなので移植が決まってよかったです。とはいえ以前の絵よりも黒桁さんタッチが変わったのでしょうか?公式サイトを見る限りですがかなり画風が変わった気がします。シチュCDですが帝スタも前作と続編でかなり絵が変わりましたよね、でもピリキューはそれ程感じなかったんですけどなんだろう。

 

さて今回の移植版では、PSPとして発売された 「Last Hope」とPCとして発売された「Bloody Nightmare」の二作品がvita版として纏められています。Last Hopeは「限りなく切ない、ラスとともに綴る物語」として主に狼種がメイン(ラス・メヨーヨ・オージェ・ネッソ・ザラ・ユリアン・アルル・ギラン)の物語でBloody Nightmareは「どこまでも過激に双子と往く物語」として主に猫種がメイン(ラス・メヨーヨ・オージェ・ネッソ・ザラ・アルル・パール&リッチー・エルザ)の物語になります。※()内のキャラが攻略出来ます。

 どのキャラも比較的にストーリーは重いのでどのキャラからプレイしても変わらないかと思います、プレイヤーの皆さんが気になるキャラから攻略していってみて下さい。

 

 

 〈こんな人にはオススメ〉

・ダークゴシックファンタジーが好き

・エグい話やグロや暴力的なシーンも大丈夫

・ストーリー重視な方

 

 

〈こんな人にはオススメしない〉

・暴力的なものや暴言やグロい話は無理

・ダークゴシックファンタジーな話が嫌い

 ・糖度高めの甘々じゃないと無理

 ・動物耳が付いているのは無理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下からネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【総評】

ダークファンタジーの一言に尽きます。ストーリーの長さは共通長めで個別は短めです、全体的には短めかと。キャラによっては別キャラと若干個別ストーリーの内容が混じっていて終わりの方だけ違うなんて事も多々あります。双子のストーリーはどこまでいっても残虐で特にオージェはハッピーエンドでも救いすらもないです、けれどそこがまたこの作品ならではって感じなんですよね。どんなにいいキャラでも救いがなかったりするのがブラウルみたいな。また珍しくBADエンドでも変な風にぶつ切りで終わる感じではなく、きちんとその後どうなったのかまで描かれているので、BADになって唐突に死んでしまって暗転してセーブになってタイトルに戻るのが嫌いな方には嬉しい作品かと。スチルは差分も含めると枚数は多めだと思います。また絵柄が変わる前なので以前の絵柄のままです。多分この作品はこの絵師さんでなければダメだと思います、それ程に世界観と絵柄がマッチしてます。BGMも作品に合っているものばかりでとてもいい曲でした。難点はシステム面ですかね、既読スキップはあるものの少し進みが遅く感じます。選択肢まで一気にスキップ出来る機能があったら嬉しかったです。おまけ機能もあるのでフルコンした後も楽しめる要素があります。また此方の作品自体が17禁なのですが、同じ会社から出ているディアラバよりもストーリーはエグいしグロいと思います。ディアラバなんかは無印とかでは拷問シーンがあっても少しビビらせる為だったり結局は寸止めなものが多いですがこの作品は本当に拷問します、焼印も押されたりしますし。読み進めているだけですが精神的にしんどいシーンも幾つかあります、キャラによっては悲しくて辛くて泣きそうになるシーンも多いですがメンタル面がお強い方やエグいのやグロのが大丈夫な方で尚且つダークな世界観が好きな方であればハマれると思います。