読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ゲーム感想ブログ

ニル・アドミラリの天秤 感想と攻略順

 

 

 

 

 
 
ネタバレしてます、注意して下さい。
 
 
 
 
 
 
 
ニルアドの絵師さんさといさんと時代が大正とのことで大正浪漫系が好きなので即決しました。さといさん本人が描いた絵のゲームをプレイするのは久し振りなのでとても嬉しいです、やっぱり美麗ですね。
 
公式(シナリオライターさん)からのオススメ攻略順は《昌吾→翡翠→滉→紫鶴→累→隼人》の順番です。最初に《累・隼人》の2人を攻略することは出来ません、《昌吾・翡翠・滉・紫鶴》の4人を攻略後に累を攻略する事ができ、累攻略後に隼人√が解放されます。また隠しとして隠さんルートもあり、隼人攻略後に攻略出来ます。
 
実際フルコンした後だと《紫鶴→翡翠→昌吾→滉→累→隼人》の順番がオススメです。少なくとも滉は真相に近い内容も含まれてますので滉は最初の4人の中でも一番最後がいいかと思います。紫鶴と翡翠は特に真相に近いこともなく、ネタバレ要素は薄いかと思います。昌吾はちょっぴり真相に近い要素で滉は結構近い要素が入っていると考えてください。
 
 

 

 
f:id:shiba1018:20160728021044j:image
【尾崎隼人】《正義を貫く者》
隼人ルートをプレイしているはずなのに隠さんルートやってるのかなと思ってしまうことが多々ありました。それ程、隠さんの登場回数やセリフも多いです。完全隠さんが犯人じゃん!?って思うのに違うよ!そんなことないよ!信じたくないもん!って言い張るツグミは脳内お花畑なんですねぇ?そりゃ気持ちは分かるけど完全怪しいしキチってる言動してたの分かってるじゃないか
(笑)隼人が最初からツグミツグミ♡って好印象だったのには理由があるんですね、その理由もまあ可愛らしいもので。ある意味累と同じ一目惚れだけど個人的には隼人タイプの一目惚れが好きです。ラストは隼人にひたすらもっていかれました。まさかまさか、ツグミの縁談相手の八代だったとは!でも八代さん、滉ルートじゃ小瑠璃ちゃんからあいつが誘拐しようとしたのよ!プンプン!って言われてたよ(笑)隼人ルートをやり終えてから隼人がメインヒーローであり、最後にルートが開くのには納得でした。
 
f:id:shiba1018:20160728021051j:image
【鴻上滉】《囚われている者》
きちんと段階踏んで恋愛しているなぁと私は思いました。滉よりもツグミの方が滉の事を気になって仕方ない→好き好きみたいな感じなので楽しかったです。ストーリーとしてもきちんと作られていて、裏切り者は兎も角兄弟だというのには驚きました。だって全く似てないw全然気付かないよなぁ。恋愛面も2人で映画を観たりカフェに行ったりと微笑ましいシーンが多かったです。あとここでこのスチル欲しい!って思ったところにあるのが個人的には嬉しかったです。涙脆いところも損得感情無しで人助けをしたりするところも、普段は無口だけれど彼本来の優しさが現れてる。とてもいい子で萌えました。全キャラの中で一番好きです。
 
 
f:id:shiba1018:20160728021106j:image
【星川翡翠】《愛焦がれる者》
とっても綺麗に作られたお話だなと思いました。翡翠の過去だったり、人を好きにならないで下さいと言ったり汚したりなんかしないと言ったり。それも全部過去に繋がっていたんですね〜、でも思えば翡翠は最初からツグミの事が気になってた?印象でした。その時から色々我慢してたんだなぁ(笑)話の中でも薔子さんがこの本は誰にも渡したくないと言っていた話も翡翠のお母さんと親友だったからって理由も凄く納得しました。あの本も輝いてはいたけれど稀モノではなく、いや稀モノのような感じでしたけど怨念とかでなく翡翠を想う母の愛情が残っていたんですね。ちょっと泣けたお話でした。とても良かったです。
 
 
f:id:shiba1018:20160728021117j:image
【鵜飼昌吾】《傷を抱える者》
最初はまぁこんな子なんだなぁと思いつつプレイしてましたが、燕野くんの煎餅事件で好感度がダダ下がりです、、、。基本昌吾もツグミを気にしてる描写や口調はしょっちゅうあります、なのでワガママ言ったり暴言吐かれたり女sageな発言してても許容できました。ただ残念な点はお互いの思いを伝えあってからのストーリーが早すぎた事(出会ってから3〜4日で行為します。)また重症ではないものの怪我人が同じ敷地内にいるにも関わらずがっついて行為をしていたことですかねぇ。栞さんに申し訳ないって気持ちがあるならそんなとこでするんじゃないよー、というかみんなといるときにするなよーって思いました。そのあたりはちょっと萎えたなぁ。
 
f:id:shiba1018:20160728021142j:image
【汀紫鶴】《迷いに惑う者》
小説家→分かる。金魚屋さん→ん!?って思ったけどお手伝いだったんですね。紫鶴さんのルートは甘さ(官能さ)ちょっとにほぼ火サス要素な感じでした。犯人もまぁそうだろうなぁという人物で、動機もでしょうねぇって感じで紫鶴も本も捨ててないんだろうなぁと思っていたので納得です。焼却炉から人形が出てくるのは本当怖いからやめてwそれこそ人間かよ!?ってなりますw先生の稀モノを見てから先生自身のころしてやりたいそんな念が移りつつ紫鶴はそんな欲求を抱くも実際する事は出来ずに人形を購入して生身の人間に見立てて刺してこしてたんでしょうかね。あとはまぁしんだ現場の事や第一発見者だったのもあり苦しい辛いとか復讐したいとかそんな感情だったり。夜な夜なそんな事をしていたと考えると恐ろしいなぁ、、、というかそれ程に先生の念が凄まじいんでしょうね。燃やしてほんと正解だよ。最後はシスコンワガママヒタキも紫鶴とツグミの事応援してくれたし良かったです!ヒタキは紫鶴のファンだったからなのもあるけど他キャラだと納得して応援してくれるのか気になる(笑)
 
 
f:id:shiba1018:20160728021149j:image
【鷺澤累】《真実を求める者》
累ルートの恋愛過程は物凄く早いです。驚く程早い。一目惚れを信じる人なら全然あり!かもしれないけど、はあ??んなのないわ!って思う人からしたらそういう仲になるまで早すぎ絶対無理って思うかもしれないなぁ。累がカグツチだったのは驚いた〜、でも理由も理由で仕方ないのかなぁと思ってしまったり。でもやっぱりあのやり方は間違ってると思いますけど。ラストでは薔子さんに万華鏡を送ろうとしている描写があってこれから徐々にでも親子の関係を築いていけたらいいなぁと思いました。
 
 
【隠由鷹】隠さんルートですが隼人を攻略後(多分ですがハッピーEND後)に隠さんルートが開きます。理由は分からなくもないです、でもやっぱりそれでも巻き添えにしたり人をころすのはよくないしいくら反省をしていてもそこにどんな理由があったとしても私は許せないなぁ。なので救済ENDをFDに欲しいです。あとなんで隼人ルートからの隠ルートを作ったんだろうか、あれだけ隠さん濃いキャラだし黒幕みたいなもんだし別でルートを作って欲しかったです。
 
 
 
【総評】とても面白かったです。ストーリーの長さは共通が長めで個別が短めですかね、早い人ならすぐ終わるだろうなぁ。それでも内容が良かったので私は気になりませんでした。逆に長かったらだらだらとした感じになっていたかもしれないですね、内容的に。話の内容も官能的だと公式やPVにも書いてある通り、確かに緩いエロシーンもあり官能的でした。でも毎キャラ毎キャラ、行為に入るシーンはいらなかったかなぁと思います。悪くはないのですが行為に入るまでが早すぎるキャラもいるので気持ちがついていかない場面もありました、早急過ぎるかなという印象です。またヒロインツグミは箱入り娘のお嬢様設定でもありますが、それだからなのか「ずるい!」という発言が度々あります。ずるいって…もう子供じゃないんだからと思いましたね〜(笑)あとは基本的に脳内お花畑なのかなぁと思うシーンもありました。でも強気だったり頑固だったりすぐ手が出たりとお転婆なところもあったり、なんだかんだ憎めないです。個人的には小瑠璃ちゃんの方が好きですが…あとはサブキャラがとても良かったです。勿論嫌な人もいたけれど嫌いになれないキャラが多いです。スチルは多いキャラで24枚、少ないキャラで16枚程度で差が激しい。でも基本絵はとても綺麗なので満足です。おまけも短編が30話あり盛りだくさんなのでゲームとしては大変満足でした。是非とも、FD下さい。