読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ゲーム感想ブログ

百花百狼 ~戦国忍法帖~ 感想

 

 

 

百花百狼~戦国忍法帖~

百花百狼~戦国忍法帖~

 

 

 

 

ネタバレしてます、注意して下さい。
 
 
 
 
 
 
f:id:shiba1018:20160728022132p:image
 ・月下丸
なんでこんなにいつも守ってくれるんだろう〜と謎だったのですが理由に納得。BADとかよりもハッピーの最後の最後の爆弾投下に驚きを隠せなかったです。(最初に月下丸をプレイしたので)月下丸はとにかく可愛いに尽きます、わんこ属性+真面目真面目真面目と思いきやスイッチ入るとやばい!という感じ。兄妹のフリをするシーンにはンンンンン!!月下丸!!!ってなりました。
 
 
f:id:shiba1018:20160728022228p:image
・黒雪
黒雪は最初からではなく、途中から参戦するのですが最初は普通にいい子です。元気で明るくて、月下丸のことをからかったりもして仲睦まじいな〜と思ってました。が、若干ヤンデレ+終盤まさかのどんでん返しがあったので「えっ!?えっ!?えっ!?どういうこと!?」となりました。記憶がない、心もない、でもヒロインの事だけは覚えていたそんな黒雪に涙しました。黒雪√だと仲間が死んだり殺しあったりなんてシーンもなく、安心してそこはプレイ出来ました!寧ろ黒雪のハッピーENDだと全て解決!のすっきりした終わり方でした。
 
 
f:id:shiba1018:20160728022258p:image
・百地蝶治朗
個別√に入ってから出てくるまでが遅かった、、、でも百地の気持ちを考えると本当にかなり葛藤していたんだろうなって。忍としての自分と人間としての自分の思いがとても辛かったです。弟子がどんどんと、死んでいく中でどれ程の気持ちだったか。BADは胸糞悪いけどあの終わりはあれで良かったのかなって。
 
 
f:id:shiba1018:20160728022312p:image
物凄くよかったです、というか半蔵√のストーリーがツボだったのかもしれません。基本的に厳しく冷酷で心なんてなかったのですが徐々にそれが縮まっていく過程が丁寧に書かれていて良かったです。また半蔵√ではヒロインがもっと強くなって生き抜く為にと1人で自主練をしたり半蔵に修行をしてもらったりして強くなっていく姿も良かった、戦いでは逃げるだけ守られるだけではなく半蔵と共に戦う姿が見れて感激です。不器用で冷たいと思いきやとても気遣いが出来てとても優しいそんな半蔵が好きになりました、一番の推しキャラになりました。家康様との信頼がある主従関係も良かったです。
 
 
f:id:shiba1018:20160728022330p:image
やっぱり最後の方にはどんでん返しがあります、五右衛門だけど五右衛門じゃなかった!風魔小太郎でもあったwでも大泥棒というだけあって最後の方は天晴れ!でしたね。
五右衛門√は今までの終結というか大円団といっても間違いではないと思います。なので五右衛門は最後にプレイするのがオススメです。
 
 
 
【総評】キャッチフレーズは「この世でいちばん哀しい戦いが始まる。」でしたがプレイした今ではまさにその通りだったなと。「辛い」「エグい!えげつない!」「酷い!」「忍になんて絶対なりたくないな」これはある意味バトロワだよと思った(笑)追忍として仲間だった忍がヒロインに攻撃を仕掛けてきては殺して逃げる、逃げても逃げても色んな方法で追ってきては別の敵に仲間である追忍が殺されてしまったりとただただひたすら悲しい展開でした。なによりも月下丸+百地√の秀吉達には呆れて物も言えません、本当に最低最悪のクズだとしか。でもそういう事をする、そういう扱いなのが忍なんだと言われたらうう〜ん、そうなるのかな〜?って感じなのですがでもあれは酷すぎる。気になった点はヒロインの性格でした、一応忍びとしての実力はあるものの基本長の娘という立場でもあり温室育ちの甘ちゃん人間です。なので任務には今まで出たことがないです、今回が初任務のストーリーで始まります。でも出なくても外の世界で起きている事や任務ではどういった行動をするべきかなどについて色々調べたりは出来るはずなのにそんなことはしていない。なので任務に出ても任務の話をする仲間達に質問ばかりです、追忍に追われることになり、よし!私も頑張る!と決意するもやっぱり〜でも〜殺せない〜のうじうじしている女の子です。若干イラッとします。心優しい人はイラッとしないと思います。でも格好良いところもあるので好感度は上がるはずです、多分。ですが、半蔵√のヒロインはとっても好きです。
さて、詳しく書いていきます。ストーリーの長さは普通よりちょい短めかな?(体感的に)1キャラ2〜3時間(序章を除くと)で早い人は攻略出来ます。既読スキップを使用すれば30分くらいでBADを見た方はハッピーENDにハッピーを見た方はBADに辿り着けるかと。スチルの枚数は攻略キャラ1人辺り14枚なので、少なく感じる方もいるかもしれません。また血みどろスチルもあるので流血表現が苦手な方はこのゲームを避けた方がいいかなと…。立ち絵は目パチ口パクがありますが、立ち絵の皆の中にヒロインも加わっているので感情移入する方は注意です。システムですが巻き戻し機能がありません、なのでここら辺で選択肢が来るかなぁ?と勘で一々SAVEするしかないです。選択肢を間違えて別のに選択しちゃった!なんて場合にも巻き戻しは出来ないので前回のsaveからやり直すしかないです。攻略サイトを見ながらプレイした方が上手くSAVE出来そう。巻き戻し機能が無いのにはびっくりです、結構巻き戻し機能って重要なのに残念!なんで付けなかったんだ!オススメ攻略順は月下丸→黒雪→百地→半蔵→五右衛門の順らしいですよ。
失敗ばかりのD3さん、もうオトメ部名乗るのやめろよ!や、でもREDがいるから!(震え声)REDならなんとかしてくれるはず!(震え声)と某掲示板などで言われているD3さんでしたが今作の百花百狼は良作でした。多分100パーREDのお陰だろうなと思ってならない(笑)私は男遊郭を買って失敗しているのでその後発売されたD3ゲーは購入しておらず(その後に発売された作品の評価は調べたりしてみましたがああやっぱりなぁ、クソゲーだったかとしか。)百花も買おうか散々悩んでいましたが開発はREDだから多分大丈夫だよ!と友人に言われその時十三支をプレイしていた私はこれを作った会社なら安心出来るかも?と気付いたら予約してました。REDさん凄いです。きっとD3さんってだけで敬遠している方も多いでしょう、百花も不安過ぎて評価待ちや見送ったなんて方も多いでしょう。でも是非買って欲しいです、悲恋が好きな人は特に。今まで失敗続きだったD3ゲーに比べると月とスッポンです。私的には良作だと胸を張って言える作品です。REDさんなので安心して下さい(笑)買おうか悩むと思っている方は是非とも買ってください。
 
うわー、めっちゃ長くなった(笑)