読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ゲーム感想ブログ

Collar×Malice 感想

 

 

Collar X Malice 予約特典(ドラマCD) 付
 

 

 

 

 

 ネタバレしてます。注意して下さい。

 

 

 

オススメ攻略順です。

峰雄→尊→契→白石(二周目から攻略可能)→愛時(白石含む全員を攻略後ルート解放)の順番が一番いいと思います。シナリオ的にもこの順番が一番ベストかと。

 

*全員攻略後にChapter Criminalが追加されます。

 

 

 

 

f:id:shiba1018:20160727175936j:image

・柳愛時

がっつり真相ルートでした、いつでも頼り甲斐があって自分の意思を貫いてる愛時さん。凄く格好良かったです。たまーに出る元ヤン感凄く好きです。

 

 

f:id:shiba1018:20160727175940j:image

・岡崎契

いつもほわほわしてるのに、仕事モードになった時がとっても格好良くてずるい。安眠グッズ差し上げたい。

 

f:id:shiba1018:20160727175944j:image

・榎本峰雄

周りからの弄られキャラっぷりがコ○リアのイン○ーととても被るのはきっと気のせいじゃないはずw愛すべきバカ、とても可愛い。皆がギスギスしてても峰雄がいるだけで緩和され和む。峰雄のコロコロ変わる表情やだだ漏れのヒロインへの感情だったりが見てて面白かったです。

 

f:id:shiba1018:20160727175952j:image

・笹塚尊

 甘いもの好き可愛い。口の悪さも可愛い。峰雄との絡みも笑えました。メールで一度だけかな?絵文字を使ってくれたシーンがあってそこにきゅんときた〜。

 

f:id:shiba1018:20160727175956j:image

 ・白石景之

 FDで幸せになってくださいとしか言えない。ほんと主任幸せになってください!!向井さんと主任の絡みが凄く好き。

 

【総評】

  • 音楽(OP.ED.BGM)

作品ととても合っていたと思います。

  • イラスト(背景.スチル)

 美麗なものばかりでした、スチルの枚数は大体22枚〜38枚(枚数はキャラにもよります)で差分も多かったです。

 

  • ストーリー

 共通の長さはそれ程なく、個別√も長過ぎず短過ぎず二周目からなら3〜4時間で攻略出来るかと思います。ただどのキャラクターも似たような事件を追いながらという話なので一人目、二人目、三人目ともなると少し飽きも感じてきました。ただ金太郎飴感はなかったです。

 

  • システム(操作性)

 操作性はいつものオトメイトさんです。

 

【総評】

まず一言、面白かったです。サブキャラ含め全てのキャラが濃く、攻略キャラとは別にサブキャラでも何人か攻略したかったと思うキャラ(冴木とか冴木とか冴木とか吉成くんとか)もいました。中でも弟の香月が可愛かったです。グロ要素もホラー要素もなく、ただただシリアスなサスペンス話なだけなので苦手な方でもプレイ出来ると思います。中々難しい内容も多かったのですが、個人的に恋愛の過程を含め丁寧に作られているなと思いました。システムの一つにある、トリガーモードでしたが丸と重なる瞬間にボタンを押すだけなので難しくありません。タイミングさえ掴めれば簡単だと思います。ヒロインは頑固者で真面目で一生懸命で正義感が強くそれでいてどこまでも人間らしく、とても可愛らしかったです。事件内容も拘ってるなぁと思う程に作られていて資料などから怪しいところを調べていく作業も楽しめました。おまけ要素も入っているのでフルコン後も楽しめると思います。警察ものがお好きなら是非プレイしてみて下さい。多分FD出るんだろうなぁ、愛時さんと会えるのを楽しみに待ってます。

 

逢魔が刻〜かくりよの縁〜 感想

 

  

 

 

逢魔が刻 ~かくりよの縁~ 予約特典(シチュエーションCD) 付

逢魔が刻 ~かくりよの縁~ 予約特典(シチュエーションCD) 付

 

 

 

 

 

ネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 個人的なオススメ攻略順は、颯→奏太→宵宮→月白→常磐の順番ですかね。颯→奏太はどちらの順でも楽しめると思います。常磐はがっつり作品のネタバレというか真相が入ってるので最後にはした方がいいです。全員攻略後にスペシャルからトゥルーエンドが見れます。

 

 

 

 f:id:shiba1018:20160727180242j:image

・楓

颯はどのルートでもヒロインの事が好きだったな〜、颯以外のルートに入っても颯はヒロインを守るって言ってくれてとっても嬉しかったしなにより花冠手作りシーンとか拗ねるところとかとても可愛らしい。

 

f:id:shiba1018:20160727180208j:image

 ・常磐

 ストーリーずるくないですか!?!?!?こんなの最初から常磐ルートじゃん!!!!って思いながらプレイしてました。常磐ルートほんとずるい、好きになるわ!!ほぼ常磐ルートは真相ルートみたいなもんです。紅葉君もめちゃくちゃ可愛いし、ハッピーエンドで現世に帰って二人で暮らして生きていくのもほんと萌えました。多分常磐を最初に攻略してたら他キャラ攻略出来る気がしませんでした、それくらいいいキャラです。

 

 

f:id:shiba1018:20160727180213j:image

 ・礎奏太

 めちゃくちゃ奏太ルート好きです。お互い好きになってく過程も好きなんですけど奏太がヒロインを好きになってからがめちゃくちゃ可愛いです。個人的にはグッドエンドの方が好きです。でも現世verの奏太も格好良くて現世エンドも好きで悩みます。現世だと目の下にある三つのほくろがないのも新鮮ですね。ほくろ無しも似合ってて可愛い。

 

f:id:shiba1018:20160727180217j:image

・宵宮

 大抵妹関連の闇がある人ってヒロインと妹を重ねて見てたりとかが多いんですけど教官はそんなことなくて良かったです。教官の照れ顔めっちゃ可愛い。鎮守神衣装の教官やばかったです。夜警にどうしても行こうとする教官も可愛かった。

 

f:id:shiba1018:20160727180220j:image

 ・月白

 神様って人種を考えさせられる話でした、中々難しいストーリーですよね。月白が善だと思えばそれは善になるんだろうし、快楽主義者って色々と難しい(笑)結婚式のヒロインちゃんの嫁入り衣装がとても可愛かったです。

 

 

 

 【総評】

  • 音楽(OP.ED.BGM)

 BGMが豊富だなぁと思いました、OPもEDも作風(世界観)に合ってます。

 

  • イラスト(背景.スチル) 

スチルは一番少なくて21枚〜多くて31枚と結構バラつきもありますがほぼ美麗ですし、少なくて21枚といっても他作品と比べるとかなり多いと思います。背景も綺麗でした。各キャラif世界のスチルも一枚あって、フルコンご褒美スチルもありでした。

 

  • ストーリー

 初回攻略時間は大体7〜8時間程度でした。個人差はあると思います(きっちり時間は計ってませんが大体このくらい)二周目からはほぼスキップでいけるので3〜4時間で大体終わりました。共通が1〜9章まで、個別が1〜6.7章あってそのあとハッピーかグッドに分岐します。個別もたっぷりあるので満足な長さでした。おまけという名の短編ifストーリーもあるので面白かったです。

 

  • システム(操作性)

 操作性は満足です、直して欲しいと思うところはありませんでしたがヒロインの名前呼び機能があったら嬉しかったです。今はデフォルト名呼び機能が付いているの多いんですけどね。深追いシステムという目新しいシステムがプレイしていて面白かったです。

 

【感想】

共通が1〜9章まであるのを知って思い出したのは某ゲームポゼ◯ゼです(笑)ほぼほぼ共通で最後にちょろっと個別だったのでそれを思い出して、うわ〜やばそうかな〜なんて思いながらプレイしてましたがそんなことありませんでした。とにかく、文章が読み易く綺麗でどこで攻略キャラとヒロインが恋に落ちていったのか丁寧に描かれていました。調べてみたところこの会社さんは乙女ゲームを出すのは初めてらしくびっくりです。ヒロインはとても良い子でした、ただ「きゃっ!」って反応が多いかなぁ。でもとっても素敵な子なので交換高いです。攻略キャラ達は勿論、サブも良い子ばかりで全員大好きです。カンナみたいな友達欲しい〜。トゥルーエンド最高でした。カンナほんと良い子。皓くんの事が分かるシーンではほんと感動しました。おまけもあるのでとっても満足だしイラスト担当している絵師さんも有名な方なので美麗ですし、買ってよかった。FDめちゃくちゃ欲しいです。FDじゃなくてもドラマCDでもいいので全然出してください。

7'scarlet 感想

 

 

7'scarlet

7'scarlet

 

 



 

 

 

ネタバレしてます。注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

   f:id:shiba1018:20160727172411j:image

 ・迦具土ヒノ

 終始弄られキャラだった気がする。いつでも真っ直ぐな男の子でとても良かったです。

  

 f:id:shiba1018:20160727172443j:image

・甘梨イソラ

ちょいちょい出てくるご飯やスイーツのメニューが美味しそうすぎて夜中にプレイするとお腹がとても空きました。中盤から終盤にかけてとても怪しい行動ばかりだったのでハラハラしたけどそんなことなくてよかった。

 

f:id:shiba1018:20160727172538j:image

 ・櫛奈雫トア

ほんとびっくりだった、まさかのまさかでした。ほんと驚いた。 

 

f:id:shiba1018:20160727172541j:image

・建比良ソウスケ

 話がうんちく臭くてあとなんとなく言ってることは分かるけど長いです(笑)終盤のソウスケさんの口で負かせるターンは凄かった。

 

f:id:shiba1018:20160727172546j:image

・叢雲ユヅキ 

一番萌えました。めっちゃ可愛い。普段クールでぶっきらぼうでキツイ物言いばかりなのに焦ったりするところがほんとかわいかったです、かと思えば強引にぐいぐい引っ張ってくれるところも良かった。

 

【総評】

  • 音楽(OP.ED.BGM)

 キャラ毎にEDが用意されてるのが良かったです。OPも珍しくキャラ絵が出てこなくて風景写真が動きつつ出てきたりする感じで斬新だなぁと思いました。作風にとても合ってます。

 

  • イラスト(背景.スチル)

 スチルは美麗でした、枚数も多め?だと思います。とにかく背景にびっくりです、背景が本当の写真のようで動くしリアル感があるのでより話にのめり込めました。

 

  • ストーリー

 ミステリー・ホラーが上手く合わさっていました。ストーリーの長さですが1キャラ1キャラの話は少し短く感じますが真相編などその他諸々プレイすると長めに感じます。ただ恋愛過程が少し早く感じましたがキャラクターの過去の背景を知ると過程が早いのも納得出来ましたし、フルコンした今考えると一夏の恋のような感じなので短期間でふとした瞬間に好きになったりしてしまうのも頷けます。

 

  • システム(操作性)

 スキップが普通のゲームより遅いなぁと感じました。オプションで早めに設定してもゆっくりだなぁと感じる程度には。せめてもう少し早くしてくれるか次の選択肢までスキップするなんて機能があったら嬉しかったです。その他のシステムは満足でした。

 

 【総評】ミステリーやホラーが好きなので購入しました。とても面白かったです。ミステリーとホラーといってもグロいシーンはなく、怖いシーンもそれ程ないので苦手な方も楽しめると思います。背景がリアルに動くので話にも入り込め易かったです、また攻略出来るキャラが最初から決まっているので次々に攻略していく度に謎が謎を呼びつつも伏線を綺麗に回収しながら真実に向かっていく感じがプレイしていて楽しめました。真相編まで全てプレイしましたがかなり作り込んでるなぁと感心しました。甘さはそれ程ないですがストーリー重視の方は楽しめるんじゃないかなと思います。

 

 

絶対階級学園 感想

 

絶対階級学園

絶対階級学園

 

 

移植決定から発売まで楽しみに待ってました!PCのときから気になってはいたのですがPC用だしなぁと諦めてました。が、なんと移植決定!有難う御座います〜。

 

 

ネタバレしかしてないので気を付けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【総評】公式でストーリーやキャラクターはパラっと見てきた上で花男的な感じなのかな?花男身分制度というかお金持ち学校だったし。とそんな風に思ってました。が、初っ端土下座スチルが出てきてああこれやばいやつだ、花男要素あんまないやつ寧ろ皆無なやつやと悟りました(笑)いや〜どのキャラもやばかったです。何よりミツバチ(普通)から石ころ(奴隷)に落ちた瞬間の周りの反応だったり、特にずっと友達だよ♡とか言ってた萌子の反応が辛かった〜。まぁでも萌子なんて元からセレブだし最初の方からヒロインの事をバカに(本人は悪気がなくとも)というか上から目線な物言いが多くてイラッイラッとしながら進めてました。悪いところが目立っていましたがなんだかんだと心の底からヒロインの事は嫌いにはなれずちらっちらっと様子を気にしてくれていた描写があったのが心の救い?というかなんというか。、、、、と真相ルートをプレイする前は思ってました。真相ルートプレイ後はそれなら仕方ないよ!!って思ってしまった(笑)システム動作もスムーズでやり易かったです、次や前の選択肢までスキップ機能も未読の部分ではきちんと止まってくれますし。使いにくいなぁと思うところは無かったです。ストーリーの長さですが真相を入れれば「おっ、結構長いじゃん」に入る量だと思います。キャラクター人数も5人と多めですから全員のエンドを見て真相も見てとなると中々のボリュームはあるかと。スチルも枚数が多いです。キャラクターも其々個性が強くて面白かったです。最初は十矢から攻略しましたが石ころに落ちても十矢は変わらず接してくれて凄く嬉しかったです、陸様はギャグ要員で合ってますか?(違う)夜中に池付近でジャイアン並のリサイタルを勝手にやり始めたのには爆笑しました。ストーリーが殺伐としてるので笑えるシーンがあると癒されます。石ころ、薔薇を見ても全てが分かることはなく真相ルートを見て初めて分かるお話でした。凄く面白かったです。久しぶりに寝不足になりながら進めてしまいました、それくらい面白かったです。尼の評価がいいのも頷けます。攻略順は、十矢→壱波→陸→ハル→レイの順で通常攻略も真相攻略もしましたがこれが一番いい攻略順だと思います。ハルはネタバレに近く、レイはネタバレしかないのでレイを必ず最後にした方が楽しめると思います。十矢、壱波、陸に関しては順番はバラバラでもよいかと思います。

 

 

 

 

 

大正×対称アリス all in one 感想

 

大正×対称アリス all in one

大正×対称アリス all in one

 

 



PC版と聞いて購入見送って移植と聞いて買いました〜(*^^*)PC用だと本当に好きな作品以外買うことないんだよなあ、大抵移植待ちです。
 
 
 
 
ネタバレしてます、注意して下さい。
 
 
 
 
【総評】とっても面白かったです。プレイしていても思っていましたがこれは正に「王子様を救う物語」なんだなと思いました。1から順にプレイをしましたが最初は少しラノベっぽい?文章やクセの強いヒロインやギャグにちょっとなぁと思ってしまいましたがプレイしている内に気にならなくなり、寧ろヒロインに好感度を抱いてしまったりギャグにもくすっと笑えるようになってしまいました。まぁそれ程ゲームが面白かったという事ですね。ただそんなヒロインなのでヒロインに感情移入しながらプレイする人は多分というか絶対向いてないと思います。私の推しは猟師さんになりました〜、サブキャラ〜…(笑)攻略キャラの中なら赤ずきんとかぐやが好きです。エピローグまでバーッとやってしまいましたがストーリーがとても凝って作られていて伏線も綺麗に回収してくれました。長さも一つ一つ程よい長さで短いとは感じませんでした、キャラによってはBAD大量発生しますしね。かといって攻略が難しいわけでもなかったです、難しいと思う人は攻略サイトを見ればすんなりいくかと。スチルは少し枚数が少なく感じましたが差分も多くスチル自体どれも丁寧に描かれ塗られているので満足です、アリス編で他キャラのスチルもありますし。話も面白かったし買ってよかったです。移植してくれて有難う御座いました!
 
 
 

ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~ 感想


推しのアストラム編のドラマCDだけは聞いたことがあるピリキューです、勿論他キャラも気になるので買いましたヽ(;▽;)ノ


ネタバレ注意









公式オススメ攻略順は
①ヒロヤ
②ラディウス
③ザイン
④アストラム
⑤ディメント
⑥リベラ
⑦ポヨポヨ 攻略制限あり
の順番みたいですね。

出来れば推しは最後の方に攻略したい派なので、攻略順をちょこちょこ変更して①ヒロヤ②ラディウス③ザイン④ディメント⑤リベラ⑥アストラム⑦ポヨポヨの順番で攻略しました。

フルコンした今では結果的にこの順番でよかったな〜〜とは思います。アストラムとディメントはどっちの順番が逆でもあんまり変わらなかったかな、ただディメント√はヒロインのことをぼこぼこ殴る蹴る当たり前なのでディメント√で精神的にぼこぼこ(笑)にされてから優しいアストラム√にいった方が心は癒されるかもです(笑)寧ろ人によってはディメントを最初に攻略してもいいかもしれないです、あとはトロフィーコンプをしない人なら嫌な思いしてまでやらなくてもいいかも。

【総評】スチルは大体12枚程度ですがキャラによっては若干少なかったり?するかんじです。凄かったのはとにかく本当にRPGをやってるような感覚になる程、拘ってるなと思いました。場所を移動する際に出る地図画面だったりステータスだったりも攻撃を受けたりレベルアップしたり毒を受けたりするとその部分も変わってたり。戦闘シーンもソシャゲのような感じであれ?今乙ゲーやってるんだよね?と思うところが多々ありました。あと驚いたのが目ぱち口パク意外に髪の毛やキャラによっては耳や羽や尻尾が動くところ。不自然とかではなく自然にゆらっゆらと動いてるのにびっくりしました。システム面ですがとても親切です、選択肢や未読部分まで一括スキップや周回プレイもヒストリーからサクサク出来るようになっているのでとても楽チンです。ストーリーの長さは1キャラ4時間あれば終わります、けれど序章(序章はかなり短いです)が終わってすぐ攻略キャラのルートに入るので短いなぁとは思いませんでした。ただ他ゲーと違って序章が終わり攻略キャラを選びましょう!というシステムではなく序章の選択肢で攻略キャラのルートに移るので狙ったキャラを攻略していきたい場合には攻略サイトを見た方がいいかもしれません。個別もサクサク進むのでだらけることなく進められますがその代わり恋愛過程がちょっと物足りないです。ヒロインも好きな部類の子でした、弱いけれど弱いなりに戦い方を学んでいくので何も出来ないのにしゃしゃり出るようなことも少ないです。寧ろ邪魔にならないように隠れたり逃げたり味方の攻撃力をUPさせたりと中々出来る子です。メンタルもかなり強いのでだって〜、でも〜、などもなくすぐにぐすぐす泣いて迷惑を掛けるような子じゃありません。神剣についても気軽にホイホイ出せるもんじゃなく神剣を持っているからといって攻撃力やHPが最初から最強でもなくレベル1って設定もよかったです、大切な人を守りたいと心から思った瞬間に神剣が出てくる。そんな特別感がよかったです。サブキャラも好きなキャラが多くて中でもキャラの掛け合いがとても面白かったのでそれだけでも購入した甲斐がありました。まだ聴けてませんが特典ドラマCDもきっと面白いんだろうなぁ(笑)キャラクターもそれぞれ個性が強いので面白かったです。プレイする前からアストラムが好きでしたがプレイしてからもっと彼を好きになりました。いやー、面白すぎですよ。あいたたたた!厨2病!って言葉がぴったりなアストラムさん。彼は弄られキャラなんだな(笑)サブキャラのヨークスとシレントさんとメルゴーがとっても好きです、シレントさんとメルゴーはブラック会社勤務なんでしょうねw無理難題言われると燃える!とかがっつり体育会系みたいですしもう早く退社したほうがいいですよ!(笑)攻略キャラが普段どんなことしてるのかは分かったのでサブキャラが普段何をしてる人達なのか知りたいです。特に好きな3人は攻略したい〜〜。そう思ってる人多そうだなぁ。FDに期待ですね。




ニル・アドミラリの天秤 感想と攻略順

 

 

 

 

 
 
ネタバレしてます、注意して下さい。
 
 
 
 
 
 
 
ニルアドの絵師さんさといさんと時代が大正とのことで大正浪漫系が好きなので即決しました。さといさん本人が描いた絵のゲームをプレイするのは久し振りなのでとても嬉しいです、やっぱり美麗ですね。
 
公式(シナリオライターさん)からのオススメ攻略順は《昌吾→翡翠→滉→紫鶴→累→隼人》の順番です。最初に《累・隼人》の2人を攻略することは出来ません、《昌吾・翡翠・滉・紫鶴》の4人を攻略後に累を攻略する事ができ、累攻略後に隼人√が解放されます。また隠しとして隠さんルートもあり、隼人攻略後に攻略出来ます。
 
実際フルコンした後だと《紫鶴→翡翠→昌吾→滉→累→隼人》の順番がオススメです。少なくとも滉は真相に近い内容も含まれてますので滉は最初の4人の中でも一番最後がいいかと思います。紫鶴と翡翠は特に真相に近いこともなく、ネタバレ要素は薄いかと思います。昌吾はちょっぴり真相に近い要素で滉は結構近い要素が入っていると考えてください。
 
 

 

 
f:id:shiba1018:20160728021044j:image
【尾崎隼人】《正義を貫く者》
隼人ルートをプレイしているはずなのに隠さんルートやってるのかなと思ってしまうことが多々ありました。それ程、隠さんの登場回数やセリフも多いです。完全隠さんが犯人じゃん!?って思うのに違うよ!そんなことないよ!信じたくないもん!って言い張るツグミは脳内お花畑なんですねぇ?そりゃ気持ちは分かるけど完全怪しいしキチってる言動してたの分かってるじゃないか
(笑)隼人が最初からツグミツグミ♡って好印象だったのには理由があるんですね、その理由もまあ可愛らしいもので。ある意味累と同じ一目惚れだけど個人的には隼人タイプの一目惚れが好きです。ラストは隼人にひたすらもっていかれました。まさかまさか、ツグミの縁談相手の八代だったとは!でも八代さん、滉ルートじゃ小瑠璃ちゃんからあいつが誘拐しようとしたのよ!プンプン!って言われてたよ(笑)隼人ルートをやり終えてから隼人がメインヒーローであり、最後にルートが開くのには納得でした。
 
f:id:shiba1018:20160728021051j:image
【鴻上滉】《囚われている者》
きちんと段階踏んで恋愛しているなぁと私は思いました。滉よりもツグミの方が滉の事を気になって仕方ない→好き好きみたいな感じなので楽しかったです。ストーリーとしてもきちんと作られていて、裏切り者は兎も角兄弟だというのには驚きました。だって全く似てないw全然気付かないよなぁ。恋愛面も2人で映画を観たりカフェに行ったりと微笑ましいシーンが多かったです。あとここでこのスチル欲しい!って思ったところにあるのが個人的には嬉しかったです。涙脆いところも損得感情無しで人助けをしたりするところも、普段は無口だけれど彼本来の優しさが現れてる。とてもいい子で萌えました。全キャラの中で一番好きです。
 
 
f:id:shiba1018:20160728021106j:image
【星川翡翠】《愛焦がれる者》
とっても綺麗に作られたお話だなと思いました。翡翠の過去だったり、人を好きにならないで下さいと言ったり汚したりなんかしないと言ったり。それも全部過去に繋がっていたんですね〜、でも思えば翡翠は最初からツグミの事が気になってた?印象でした。その時から色々我慢してたんだなぁ(笑)話の中でも薔子さんがこの本は誰にも渡したくないと言っていた話も翡翠のお母さんと親友だったからって理由も凄く納得しました。あの本も輝いてはいたけれど稀モノではなく、いや稀モノのような感じでしたけど怨念とかでなく翡翠を想う母の愛情が残っていたんですね。ちょっと泣けたお話でした。とても良かったです。
 
 
f:id:shiba1018:20160728021117j:image
【鵜飼昌吾】《傷を抱える者》
最初はまぁこんな子なんだなぁと思いつつプレイしてましたが、燕野くんの煎餅事件で好感度がダダ下がりです、、、。基本昌吾もツグミを気にしてる描写や口調はしょっちゅうあります、なのでワガママ言ったり暴言吐かれたり女sageな発言してても許容できました。ただ残念な点はお互いの思いを伝えあってからのストーリーが早すぎた事(出会ってから3〜4日で行為します。)また重症ではないものの怪我人が同じ敷地内にいるにも関わらずがっついて行為をしていたことですかねぇ。栞さんに申し訳ないって気持ちがあるならそんなとこでするんじゃないよー、というかみんなといるときにするなよーって思いました。そのあたりはちょっと萎えたなぁ。
 
f:id:shiba1018:20160728021142j:image
【汀紫鶴】《迷いに惑う者》
小説家→分かる。金魚屋さん→ん!?って思ったけどお手伝いだったんですね。紫鶴さんのルートは甘さ(官能さ)ちょっとにほぼ火サス要素な感じでした。犯人もまぁそうだろうなぁという人物で、動機もでしょうねぇって感じで紫鶴も本も捨ててないんだろうなぁと思っていたので納得です。焼却炉から人形が出てくるのは本当怖いからやめてwそれこそ人間かよ!?ってなりますw先生の稀モノを見てから先生自身のころしてやりたいそんな念が移りつつ紫鶴はそんな欲求を抱くも実際する事は出来ずに人形を購入して生身の人間に見立てて刺してこしてたんでしょうかね。あとはまぁしんだ現場の事や第一発見者だったのもあり苦しい辛いとか復讐したいとかそんな感情だったり。夜な夜なそんな事をしていたと考えると恐ろしいなぁ、、、というかそれ程に先生の念が凄まじいんでしょうね。燃やしてほんと正解だよ。最後はシスコンワガママヒタキも紫鶴とツグミの事応援してくれたし良かったです!ヒタキは紫鶴のファンだったからなのもあるけど他キャラだと納得して応援してくれるのか気になる(笑)
 
 
f:id:shiba1018:20160728021149j:image
【鷺澤累】《真実を求める者》
累ルートの恋愛過程は物凄く早いです。驚く程早い。一目惚れを信じる人なら全然あり!かもしれないけど、はあ??んなのないわ!って思う人からしたらそういう仲になるまで早すぎ絶対無理って思うかもしれないなぁ。累がカグツチだったのは驚いた〜、でも理由も理由で仕方ないのかなぁと思ってしまったり。でもやっぱりあのやり方は間違ってると思いますけど。ラストでは薔子さんに万華鏡を送ろうとしている描写があってこれから徐々にでも親子の関係を築いていけたらいいなぁと思いました。
 
 
【隠由鷹】隠さんルートですが隼人を攻略後(多分ですがハッピーEND後)に隠さんルートが開きます。理由は分からなくもないです、でもやっぱりそれでも巻き添えにしたり人をころすのはよくないしいくら反省をしていてもそこにどんな理由があったとしても私は許せないなぁ。なので救済ENDをFDに欲しいです。あとなんで隼人ルートからの隠ルートを作ったんだろうか、あれだけ隠さん濃いキャラだし黒幕みたいなもんだし別でルートを作って欲しかったです。
 
 
 
【総評】とても面白かったです。ストーリーの長さは共通が長めで個別が短めですかね、早い人ならすぐ終わるだろうなぁ。それでも内容が良かったので私は気になりませんでした。逆に長かったらだらだらとした感じになっていたかもしれないですね、内容的に。話の内容も官能的だと公式やPVにも書いてある通り、確かに緩いエロシーンもあり官能的でした。でも毎キャラ毎キャラ、行為に入るシーンはいらなかったかなぁと思います。悪くはないのですが行為に入るまでが早すぎるキャラもいるので気持ちがついていかない場面もありました、早急過ぎるかなという印象です。またヒロインツグミは箱入り娘のお嬢様設定でもありますが、それだからなのか「ずるい!」という発言が度々あります。ずるいって…もう子供じゃないんだからと思いましたね〜(笑)あとは基本的に脳内お花畑なのかなぁと思うシーンもありました。でも強気だったり頑固だったりすぐ手が出たりとお転婆なところもあったり、なんだかんだ憎めないです。個人的には小瑠璃ちゃんの方が好きですが…あとはサブキャラがとても良かったです。勿論嫌な人もいたけれど嫌いになれないキャラが多いです。スチルは多いキャラで24枚、少ないキャラで16枚程度で差が激しい。でも基本絵はとても綺麗なので満足です。おまけも短編が30話あり盛りだくさんなのでゲームとしては大変満足でした。是非とも、FD下さい。