ひとりごと

ゲーム感想ブログ

吉原彼岸花 -久遠の契り- 感想

 

 

吉原彼岸花 久遠の契り

吉原彼岸花 久遠の契り

 

 【こんな人にオススメ】

・廓ものが好きな方

・悲恋ものが好きな方

・エロものもいける方

 

【こんな人にはオススメしない】

・遊女設定など苦手な方

・キャラが病んだりしているのが苦手な方

・エロものが苦手な方

 

個人的なオススメ攻略順は以下になります(ネタバレを避けつつ最後の方にストーリーの核心を知りたい方にはオススメです。)
【忍→彰人→朔夜→惣一郎→辰吉→時雨→真相】
一部攻略制限アリなキャラクターや攻略制限のあるエンドも複数あるので、攻略サイトを見つつプレイした方が分かりやすいかと思います。

 

【ストーリー】全てのキャラにおいて出来が良かったです、起承転結もしており一つのルート毎のストーリーの長さは短くもなく長くもない長さでしたが、攻略制限のあるエンドや真相ルートなどを含めるとかなり長さはありました。またきちんと吉原や廓での様々なことも書かれており、本格的な遊郭ストーリーでした。おまけシナリオもありストーリーをクリアしてからも楽しめました。

 

【システム】使いやすいシステムでした、次の選択肢までスキップなどもあり快適でした。また辞書機能というものもあり、作中に出てくる分かり辛い単語についてもこの辞書機能で調べる事ができるのでよりストーリーを楽しめます。

 

【スチル】壁紙を含めるとかなり多かったです、差分も3〜4枚のものが各キャラ2〜3.4枚はあり美麗なものが多くスチル崩れもありませんでした。フルコンスチルはないものの、壁紙が多く満足です。

 

【キャラクター】魅力的なキャラクターが多かったです、ヒロインの千早は遊女という仕事やお職としてのプライドを持ち様々な客を手練手管で落としていきます。けれども、プライベートでは年相応な一面も見られたりと可愛らしく負けん気も強い女性です、イラっとするところも全くなくプレイする度にヒロインに感情移入してしまいました。サブキャラとしている喜蝶や柚や遣り手のお菊といった面々も個性が強くノーマルエンドはとても楽しかったです。

 

 

ここからネタバレが入ります、注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【感想】吉原の遊郭をテーマにした舞台なので、大体のエンディングが悲恋ものでした。勿論各キャラ幸せなハッピーエンドのものもありますが、そこに行き着くまでにしんどいシーンがいくつかあります。まぁそもそも客がきちんとした正攻法で身請けをしてくれない限りは中々幸せにはなれないですよね、身請けされた後も正妻ではなく妾でただ肩身の狭い思いをしたりと。個人的には、朔夜のBADで再び別の地で女郎をしながら待つシーンだったり、辰吉のBADの惣さんを二人で待つエンドや惣さんBADの二人で逃げられたもののヒロインは病気してしまって二人で自殺するエンドが悲しくて思わず涙が出ました。真相シーンは色々驚きの連続でなんとも言えないですけど、みんな悪くなかったとしか言えない。お菊も抱え込んでしんどかっただろうし勿論時雨だってしんどかっただろうなぁと、だからといって糸里や他の遊女にしていたことは到底許されるものではないですけどあのシーンで時雨ではなく惣さんを選んでいたらどうだったんだろうなぁと思います。惣さんも色々ずるくて責められないですよね、確かに悪い事をして儲けたお金だったけどそれは全てヒロインを遊女から解放して身請けする為でって知ってしまったらほんと何も言えない。一番あんまり害というか悪い事をしてないのって彰人と朔夜と辰吉と忍くらいか?時雨と惣さんがみんなの上をいきすぎてて(笑)でも大体みんな病むのでそのへん注意してください。ちょいちょい他ルートで出てくるへらっとした忍には癒されました、ちゃらちゃらへらへらしてるように見えて彼が一番物事を良く見てる印象でした。肝心のR18のシーンは全て削られてますがそれでも結構ギリギリに攻めてました、スチルもシーンもきわどいものが多かったし、がっつりとした18禁には手を出せないけどちょいエロくらいならいけるって人はvita版を購入した方がいいかもしれません。辰吉ルートも追加されているし。

 

ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想

 

 

 

〈こんな人にオススメ〉

 ・前作をプレイした方

・官能的な話や大正ものが好きな方

 

〈こんな人にはオススメしない〉

 ・前作をプレイしていない方

・官能的な描写やシーンが苦手な方

・女性に対して残虐的な行為や描写が嫌いな方

 

 

ライターさんオススメ攻略順は以下の様になってます。

【滉→翡翠→昌吾→紫鶴→隼人→累】

 

まず、前作をプレイしてからこちらの続編をプレイするのを強くオススメします。

 

短い序章を終えたら、攻略キャラとの物語に入ります。最初から好きなキャラを選べる仕様になってます、全員攻略後大団円(クロユリ)ルートが開きます。
今作はFDではなく、続編ですので前作と変わらないくらい体感前作よりも少しボリュームが多くなった気がします。既に交際中の話なので関係がリセットされた状態でないのも良かったです。
スチルは前回と変わらずくらいか少し多めになった気もします、あとで調べてみよう。フルコンスチルはないですがフルコン的なスチルはありでした。おまけスチルも多めで嬉しかったです。あとはサブキャラ好きな方にも救済じゃないですが、サブキャラとのスチルもあるのでサブキャラ好きな方は嬉しいかと。
システム面は前作と変わらずです、やはり次の選択肢までのスキップ機能が欲しいところでした。
あと人によっては地雷なところもあるかもしれないので簡単に地雷になるかもしれないであろう部分を簡単に書いておきます。とある攻略キャラのストーリーの中で【寝取られ→妊娠(スチルアリ)】が出てきますので、苦手な方は注意して下さい。私は寝取られや妊娠自体は構わないのですが妊娠中のスチルが出てきてちょっとびっくりしました、あれスチル必要なのかな?文だけでも良かった気もするような(笑)

 

 

 ここからはキャラクターの感想です、ネタバレをしているので注意をしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昌吾は前作の時は女性をとにかく下に見ていてあまり好きではなかったのですが、今作ではツグミや栞さんと女性2人の働きぶりを今まで目にしていたこともあってか女性が働くことなどに関してかなり寛容になっていて良かったです、それだけで昌吾の好感度がかなり急上昇しました。雉子谷さんが出てきたのも嬉しいしかなりツグミや昌吾と打ち解けていて冗談やちょっとした愚痴や悩み相談を言えるシーンが出てきたりと微笑ましかったです、昌吾のストーリーで起こる事件はかなり凄惨なものというか、吐き気がする事件で女性からしたらかなり嫌悪感の強い内容だと思うので詳しくは書きませんが見張りをしたり偶然を装ってちょいちょい出てくる昌吾が可愛かったです。あと操子様がとても気になる、きっとお綺麗なんでしょうね、続編FDで出たりしてくれないかなぁ〜。
やっぱり隼人は良い意味も悪い意味も含めてで隼人だったなと。ストーリー上何か危険なことが起こったとしてもきっと隼人だし大丈夫でしょって思ってしまうんですよね、ツグミへの気持ちが揺らぐ事もないしツグミから離れる事も考えられない。そこがまぁ隼人の良さなんでしょうね、隼人の台詞の言い回しとか結構好きで真っ直ぐにいつでも想いを伝えてくれるじゃないですか、彼。その真っ直ぐさとてもいい。流石メインヒーロー隼人。逆に累はそのあたり結構面倒臭いですよね、隠し事もするしで。ツグミを大事に想ってるけどそれとこれとは別問題みたいな、薔子さんも案外頑固そうだし血を受け継いでる感凄い。若干ちょいちょい歪んでるところは百舌山の血も入ってる気も否めないけど。薔子さんと喬の二人の手記は大変萌えました、ありがとうございます。
翡翠は今作でまた更に大人になったなぁと思いました、でも時々年下らしいところも見れたりして楽しかったです。嫉妬したとしても、相手のことを気遣ってしまうところが真面目で優しい翡翠らしいところだよなぁと思いました。お父さんと会えて本当によかった、お父さんもとてもいい人でよかったです。

紫鶴はストーリーが本当によかったです、綺麗に始まって綺麗に終わって起承転結が全キャラの中で一番しっかり出来ていた気がします。紫鶴の大人な振る舞いだったり、官能的なシーンだったりと見せ場も多く前作と変わらずその意地悪な大人に振り回されるツグミもとても可愛らしかったです。ただツグミも前作から1年が経って成長をしているのでそんな紫鶴に悪戯を仕返したりと、そんな行動も可愛かったです。前作では考えられないですよね、これも紫鶴と雑貨屋の意地悪な大人店主のお陰なんでしょうか?(笑)紫鶴が自分も気付かない内に稀モノを作り出していて、その稀モノの内容も幸せというかある意味恥ずかしかったですけどそんな紫鶴の愛に萌えました。
大本命の滉ですが、私が滉を好きなところって顔もですけどぶっきらぼうな性格も好きなんですよね。その中でもちょいちょい卑屈なところがあるじゃないですか、公式ツイにもたまに卑屈な滉が出てくるんですけどそういう卑屈なところが可愛いんですよね。滉ルートはとにかくツグミが格好良かったです、どのキャラのルートより一番格好良かった。ヒロインとして成長がみられるシーンがたくさんあってよかったです、前回は脳内お花畑だったり行くなと言われて行ってしまうところとかが苦手だったけど今回の滉ルートで好きになりました。ただ滉ルートのヒタキがなぁ…、前作はそこまでして出番がなくて気にならなかったんですけどやっぱり個人的にとてもヒタキが苦手だ〜。滉がただ可哀想だった。ヒタキのあの年齢ならもう少し大人っぽくしてもよかったのでは?と思いました。あの服装キツい(笑)
それとサブキャラもみんないい味だしていて、雪加と秋沙の二人が特に好きになりました。雪加も辛い過去持ちでしたけど、同性として秋沙の過去は本当に辛かったです。信じられない出来事で、本当にただただ可哀想でした。けれど彼女はとても強い女性で綺麗で、でもどこか歪んでいて魅力的だなぁと。どちらも手記では幸せそうだったので嬉しかったです。続編FDを是非作って欲しいなと思いました、展開的に難しいかもですが。サブキャラの今後を色々知りたいですよね。

 

 

 

10月購入予定

 

 

 PCからの移植ですね、気になっていたので移植は有難いです。R18のシーンは勿論削られているのでその点どうなるんだろうとちょっとワクワクしてます、既にPC版は発売もしてますし評価もかなりいいので安心してプレイ出来る喜びが…。

 

 

スチームプリズン -七つの美徳-

スチームプリズン -七つの美徳-

 

 こちらもPCからの移植ですね、PC版ではなんだかパスコード?のようなものが必要だとかで色々問題があったようでストーリーはいいのにその点で評価があんまり良くなかったみたいですね。でも作品の評価はいいのでこっちも安心してプレイ出来そうです。

 

今月は以上の二本です、これくらいのペースだと詰むことなく、フルコンし易くていいですね。

9月購入予定

 

 

 ・今月一番楽しみな作品です、FDではなく続編とのことでボリュームも前作と変わらない程らしくわくわくします。続編というのも個人的には嬉しいですね、オトメイトさんのFDって基本的に短いですし…。

 

 

ハイリゲンシュタットの歌 予約特典(ドラマCD) 付

ハイリゲンシュタットの歌 予約特典(ドラマCD) 付

 

  ・逢魔がやサイドキックスを作成した会社からの発売ですね、絵師の方は刀剣乱舞で左文字を担当している方のようです。こちらの作品は会社買い半分ストーリーが面白そうが半分なのでなんともいえないですが、プレイするのが楽しみです。

 

以上が9月購入予定のゲームです、10月も同じくらいの本数を購入予定ではいます。オトパでもまた新作が続々と発表されたので楽しみですね!

空蝉の廻 感想とオススメ攻略順

 

 

 

空蝉の廻 (うつせみのめぐり) 予約特典(ドラマCD) 付

空蝉の廻 (うつせみのめぐり) 予約特典(ドラマCD) 付

 

 

 

 

〈こんな人にオススメ〉

・エロや病み要素が大丈夫

・スチルが綺麗なものがいい

・ストーリーが長めのものが好き

 

〈こんな人にはオススメしない〉

・DV要素が入っているものに嫌悪感

・ストーリーが長いものは苦手

・おまけ要素が多いものが好き

 

 

 

〈オススメ攻略順〉

魁→颯→泰臣→結鶴→知影

*知影は隠しキャラなので、全員攻略後に攻略可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

一部ネタバレしています、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【感想】目パチと口パクありです、デフォのままならヒロインの名前呼びもあり。動作はかなりもっさりしており重めです、次のシーンや次の文章の時に止まることが多々あり。セーブや次の選択肢までスキップ時に何度かエラーが起こり強制終了する事がありましたので小まめなセーブをした方が良いかと思います。
ヒロインに関しては今は珍しい古風な性格をしているヒロインです、自分よりも他人を優先する事がややあるので若干自己犠牲精神が強め。戦闘時は主に他キャラ達のバックアップ担当で足手纏いだと感じる程ではありませんでした。
ゲーム中にあるミニゲームですがボタンを押すだけなので簡単なものです、一度クリアすれば次からは成功か失敗かボタン一つで選べるようになります。
ストーリーについては、共通が長くいつ個別ルートに入ったのか分かりにくいです。キャラクターによってはストーリーの良し悪しや恋愛面の性急さに若干の差があるもののそこまで出来は酷くはなく、感情の描写は丁寧に描かれていたかと思います。またどのキャラも話の途中に夜のシーンも入るので苦手な方は注意。エンドも豊富でエンドによってはキャラクターが病んでしまったりDVをするシーンもあり(攻略キャラクターがヒロインに拳を振るうシーンのスチルもあります。)、別会社のRejetから出ているゲームを思わせるような感じもありました。また個別も短すぎず、長すぎずプレイしていて楽しめました。全キャラ攻略後、隠しキャラ√が解放され物語の真相が分かる話もあり綺麗にストーリーとしては纏まってました。
スチルは美麗なものが多く見ていて楽しめました、枚数もそれなりにあり。フルコンスチルあり。
作品としてストーリーは深く練られており、攻略キャラクターも様々なタイプがいてとても面白かったのですが、おまけ要素が少なかったのが少し残念でした。

フルコンした後には、サブキャラ2人をなんとか救済させてあげたいなぁとひたすら思う。是非続編やFDが出るなら救われて欲しい。

越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~ 感想

 

越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~

越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~

 

 

 

 

〈こんな人にオススメ〉

・大河ファンタジーな世界観が好き

・足手纏いなヒロインは苦手

・エログロや病んでるBADも大丈夫

 

〈こんな人にはオススメしない〉

・エログロなど病んでるのは苦手

・ストーリーが長めで攻略が面倒なのは好きじゃない

・若干のスチル崩れを気にする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょろっとネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【感想】ひと通りプレイの他に何回も既にやり直してるので、大体の話の流れやエンドは頭に入り込んでいるのですが、やっぱり面白かったです。まずヒロインであるナァラがとても強く素敵な女性なのがいいと思います、格好良いんです。でも可愛い、そんなところが魅力的です。男勝りであり、剣も弓もそこらの男よりも扱えるので足手纏いになったり大怪我をしたりなんて事もないのでヒロインにイラっとする人も少ないんじゃないかなと思われます。あとは頭の回転も早いので機転も利いたり。システム面ですが不満な点はないです、寧ろPSPより使い易くなったかなと(体感的に)ただ何度プレイしても残念な点はやはりモブに声が入っていない点だけですかね、そこだけやっぱり少し残念に感じます。音楽面に関しては全てに関して花丸なので言うことないです。

ちょろっと攻略についてですが序章から始まり選択肢を選んでいって攻略キャラのルートへと移ります、このキャラから攻略したい!と決めているならば攻略サイトを見ながらやった方がいいかと。ただ攻略キャラルートにいったとしてもそこから分岐して別攻略キャラルートにいってしまうこともあるので注意を。キャラの攻略順についてですが、トーヤ・ノール・スレンの3人はメインキャラですのでそれ以外から攻略していくのがいいのかなぁ。トーヤのハッピーは王道な感じに終わるのでトーヤを最後でもいいかと思うのですがスレンのハッピーも泣けるし、ノールのハッピーもいいし。まあ、誰からやっても面白いので好きなキャラから攻略していくのが良いかと!ただトーヤとルジは真相じゃないですけど問題も全て解決してハッピーになるので最後に残しておいた方がストーリー的には面白いかもしれないですね。エスタ・ジギ・ナランに関しては最初に攻略するのは出来ません、エスタルートはノールのエンドを見てからジギはエスタのエンドを見てから開きます。ナランはスレンのあるエンドを見てから開くのでこの3人を攻略したい場合はノールやスレンから攻略しようね!ってやつです。ほんと結構難しいので攻略サイトを見ながら進めるのが一番いいと思います。

トーリーの長さは程よい長さだと思います、長すぎず短すぎず。スチルも美麗なものが多いです、たまに「ん???」って感じのも何枚かありますが話がいいので気にしません。PC版の方がスチルおかしいの結構ありますからね。注意点としては女sageが嫌いな方、エロやヤンデレが嫌いな方は避けた方がいいかと思います。

PC→PSP→Vitaときましたがオーリ推しの人息してますか、、、早くオーリを攻略キャラにね?昇格じゃあないですけどナァラとラブラブルートも欲しいですよね。いやあの不憫さがオーリだよね!って方も一定数いるのかもしれませんけど(わたしも不憫なオーリ好きです)でもやっぱりオーリにも幸せになってもらいたいです。あとね、やっぱりウル√は癒しだよね。BAD見た後にウル√やると純粋さやらなんやらで涙が出てくる。

色々詰みゲーがあって、ようやくこの前フルコンしたんですけど気付いたらまたPC版発売するらしいじゃないですか。しかも描き下ろしスチルも増えて。そんなん買うに決まってるじゃないですか。既に私、紅花ソフトがPCとPSPとVitaで3本あるんですけどまた特典付くみたいじゃないですか。そんなん買うに決まってるじゃないですか(笑)

 

罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V 感想

 

 

 

 

罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V

罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V

 

 

 

 

〈こんな人にオススメ〉

・前世絡みの恋愛ゲームが好き

・多少のエログロ耐えられる

・ストーリー重視

 

〈こんな人にはオススメしない〉

・必ずどのルートも全てハピエンで終わりたい

・多少のエログロが耐えられない

・前世絡みの設定が受け付けない

 

 

 

公式推奨攻略順は下記の通りです。

至央→任史orカゲロウ→守人→蒼太→連

連はネタバレ要素をかなり含んでいるので、最後に攻略した方がいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

〈感想〉ストーリー・BGM共にどちらもとても良かったです。ストーリーの長さはそこまで長くはなく、サクサク進められる程度かと思います。スチルもフルコンスチルは無しですが枚数差分多めでここで欲しいなあと思ったシーンにきてくれることも多かったです。ストーリーは本編+スチル付き後日談もありました。ヒロインについてですが、男勝りな性格なものの自己嫌悪してはかなり泣きますし口調は結構甘えた感じが多々しました。剣道やってますがそこまで活躍せず大抵攻略キャラに守られることが多いです。悪く言えば子供っぽい、天真爛漫なヒロインです。プレイしていてちょくちょくイラっとする時もありましたが苦手な方はシステムからヒロインのボイスオフでプレイするとちょいちょい出てくるヒロインが泣いているシーンでも苛々が軽減されるのではないかと思います。それにしても守人はどのルートでも不憫すぎるなあ、ほんとちょっと可哀想になるレベルでした。あと彼は物凄く弄られキャラなんだね!幼女からドMおじさんって言われて頷いててめっちゃ笑わせてもらいました(笑)キャラもストーリーも全部いいのですが、至央ルートクリアして至央に落ちました〜。恋愛過程もかなり丁寧に描かれていて(私はそう思いました)、プレイしていて萌えもドキドキ感も味わえてとてもよかったです。ただ至央ルートのヒロインは凄く恋愛に鈍感すぎるくらいに鈍感でしたね、そこまで?!ってくらいには鈍感で至央がちょいちょい可哀想に思えたよ(笑)蒼太は蒼太ルートで報われてよかったねえ〜〜!!!おめでとう〜〜!!!の気持ちでいっぱいです。至央後日談では素子が念願?の夢を叶えて幸せに過ごしているのも分かって良かったです。続きはもう出なさそうですが何かしら展開あったら嬉しいなあ。良作でした!