読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ゲーム感想ブログ

Side Kicks! 感想と少し攻略について

 

 

Side Kicks! 予約特典(ドラマCD) 付 - PS Vita

Side Kicks! 予約特典(ドラマCD) 付 - PS Vita

 

 

逢魔が時を作った会社さんのですね、逢魔がは良かったですが二作目はどうなんでしょうか。絵師さんも二次創作などでは有名な方なのでギャラリーなど見る限り美麗なものが多い感じですね。

オススメな攻略順などあるのかと思いましたが公式からは特にないそうでどのキャラから始めても全く違うストーリーになっているとのことで金太郎飴ではないようですが、ノラは【チカ・ヒバリ・シシバ・リコ攻略後に攻略可能】でタテワキは【ノラ攻略後に攻略可能】との事です。なので最初に攻略出来るメンバーは【チカ・ヒバリ・シシバ・リコ】の4人になります。

 

 

〈こんな人にオススメ〉

・サスペンスものが好き

・甘さよりもストーリー重視

・攻略していく度に話が繋がる感じが好き

 

〈こんな人にはオススメしない〉

・ストーリーよりも恋愛重視

・全員攻略するのは面倒臭い

・サスペンスものは嫌いまたは苦手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽くネタバレしてます、注意して下さい。(重要なネタバレはしてません。) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【総評】ストーリーの長さは共通が長めで個別は短めでした、同じ会社から発売されている逢魔がよりも全体的には短い印象です。ただ短いながらも攻略キャラの人数は多いと思うので全員攻略後にはそれなりに長かったと感じます。サスペンスとしては面白かったです、二夜連続の前編後編ドラマや海外ドラマでありそうだなあと思いました。難しい話や特殊な単語が入ってきますが分かり易く説明が出てきたりもするので大丈夫です、ただ勿体無いなと思った点は恋愛要素が薄い事ですかね。お互い好きになる段階が早すぎていつの間に好きになってたんだろうと少し置いてけぼりになる事が多かったです、個別ルートが短めなので仕方ないのかもしれないですが恋愛の濃さが薄くてもその過程がもう少し長かったらもっと面白かったのにと思います。バディになるわけじゃないのでストーリー上中々難しいのかもしれないですね。ヒロインは可もなく不可もなくです、ちゃんとした警察官ではないので銃が扱えるわけでもないしそこまで機転が利くわけでもなければ皆の足手まといになる程でもない。ごくごく普通の一般人設定です、それがまた良かったのかもしれないです。予知夢設定も全部が全部鮮明に見えるわけでもないし、見たいと思ったものが確実に見えるわけでもないのでその設定も良かったです、万能すぎるのもね。ただ度々私はやっぱりダメなんだ、、、ごめんなさい。なんてシーンがありますがそうだよ!だって一般人だから仕方ないよね!って思えます。うじうじヒロイン苦手だなあと思った人もいるかもしれないですがクルミや周りのメンバーからうじうじすんな的な結構厳しい事も言われたりするのでそこまで苛つく事もないかと。最近出た刑事物(サスペンス物)のゲームではかなり面白かったです。(私はサスペンスものの場合、一応恋愛要素が取り敢えずあってサスペンスとしてのストーリーがよければ気にしないタイプなのでそう思うだけかもしれないです。)それまでの伏線だったりサブキャラの意味深な言葉など、全員を攻略しなければこの作品の良さや話も真実も分かりません、なのでこの作品はフルコン必須作品になります。またサイドキックスというチームで事件に対して動くのも良かったです、個別ルートに入ってもチームで動くので他キャラはどこいったの?攻略キャラとヒロインだけでストーリー終わったけどなんてことはないです。
スチルについてですが、各キャラ枚数は多いです。差分もかなり多いので満足でした。絵師さんも界隈じゃ有名な方なので酷い崩れ方をしたものはなかったですし、立ち絵や表情も豊富なのでプレイしていて面白かったです。またところどころ映像がリアルに流れたりする時もあります、車に乗っているときに流れていく景色だとかもリアル感があって凄かったです。

ゲーム中にキャラから届くチャットメッセージ機能も楽しかったですね、アイコンなんかも凝っててくすっと笑えます。エピソード始まり毎に前回までのサイドキックスは〜って始まるのも新しくて面白いなあと思いました。FD出たら欲しいです。(クルミについてもっと知りたいです、詳しく知りたい、、、。)是非皆さんフルコンして下さい。

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN 感想

 

 

 

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN - PS Vita

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN - PS Vita

 

 

 

 

 

 ネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【総評】

新キャラが増えたのもあるのか、ストーリーはDFやMBよりもボリュームが少なくなったように感じます。相変わらずキャラゲーなのは変わらないですがそれでもストーリーメインに作られてはいるのでプレイしていて楽しかったのは楽しかったです、逆巻兄弟が兄弟してるシーンは珍しくて驚きました。無印じゃあんな仲悪かったのになぁ。無印→MB→DFの時系列であり、DFをプレイしていることを前提に作られたゲームでもありますからDFをプレイしていないと話が分からないシーンが多々出てくるのでプレイしていない方はプレイしてみて下さい。

スチルに関してですが少なめです、恐らくDFと変わらないくらいでしょうか?また既にもう絵師さんは書いていないんだろうなと分かるくらいに違います、無印からLEまで購入して今現在無印の絵のクオリティを求めている方はいないかと思いますがかなり劣化というか影武者さんの絵なんだなあと感じられます。LEの公式立ち絵(チャプターページの絵)なんかは担当してるんでしょうけど、全盛期よりかなり劣化してますよね。アヤトなんかメインなのに結構酷いです(笑)

BGMはDFよりも増えて相変わらずいい曲が多いです、ただ途中で戦いに行くぞ!みたいな音楽(分かりますか?あのBGMなんですけど…)が流れることがあったのですがあの音楽凄く合わなくて残念でした。ディアラバのBGMは凄く良いものばかりなのに。システムも今までと変わらずプレイしやすいようになっています。あおは新キャラの当て馬感というか、既に新キャラ以外のキャラがかなり濃いですし、少し前に追加された始祖である月浪達と比べてしまうと霞むし負けるなぁと思いました。あと照れ顔は他キャラと同一にしてほしかったなあ。

 

 

BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz- 感想と少し攻略

 

 

 

 

ファン待望の移植ですね、発売したのが結構前で双子猫の方はプレイはした事があるのですがもうかなり前なので詳しくは覚えてないです。強烈に覚えているのはとにかくやばかった双子とユリアンの一部の話くらいかな、この作品はディアラバとはまだ違った重さで結構好きなので移植が決まってよかったです。とはいえ以前の絵よりも黒桁さんタッチが変わったのでしょうか?公式サイトを見る限りですがかなり画風が変わった気がします。シチュCDですが帝スタも前作と続編でかなり絵が変わりましたよね、でもピリキューはそれ程感じなかったんですけどなんだろう。

 

さて今回の移植版では、PSPとして発売された 「Last Hope」とPCとして発売された「Bloody Nightmare」の二作品がvita版として纏められています。Last Hopeは「限りなく切ない、ラスとともに綴る物語」として主に狼種がメイン(ラス・メヨーヨ・オージェ・ネッソ・ザラ・ユリアン・アルル・ギラン)の物語でBloody Nightmareは「どこまでも過激に双子と往く物語」として主に猫種がメイン(ラス・メヨーヨ・オージェ・ネッソ・ザラ・アルル・パール&リッチー・エルザ)の物語になります。※()内のキャラが攻略出来ます。

 どのキャラも比較的にストーリーは重いのでどのキャラからプレイしても変わらないかと思います、プレイヤーの皆さんが気になるキャラから攻略していってみて下さい。

 

 

 〈こんな人にはオススメ〉

・ダークゴシックファンタジーが好き

・エグい話やグロや暴力的なシーンも大丈夫

・ストーリー重視な方

 

 

〈こんな人にはオススメしない〉

・暴力的なものや暴言やグロい話は無理

・ダークゴシックファンタジーな話が嫌い

 ・糖度高めの甘々じゃないと無理

 ・動物耳が付いているのは無理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下からネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【総評】

ダークファンタジーの一言に尽きます。ストーリーの長さは共通長めで個別は短めです、全体的には短めかと。キャラによっては別キャラと若干個別ストーリーの内容が混じっていて終わりの方だけ違うなんて事も多々あります。双子のストーリーはどこまでいっても残虐で特にオージェはハッピーエンドでも救いすらもないです、けれどそこがまたこの作品ならではって感じなんですよね。どんなにいいキャラでも救いがなかったりするのがブラウルみたいな。また珍しくBADエンドでも変な風にぶつ切りで終わる感じではなく、きちんとその後どうなったのかまで描かれているので、BADになって唐突に死んでしまって暗転してセーブになってタイトルに戻るのが嫌いな方には嬉しい作品かと。スチルは差分も含めると枚数は多めだと思います。また絵柄が変わる前なので以前の絵柄のままです。多分この作品はこの絵師さんでなければダメだと思います、それ程に世界観と絵柄がマッチしてます。BGMも作品に合っているものばかりでとてもいい曲でした。難点はシステム面ですかね、既読スキップはあるものの少し進みが遅く感じます。選択肢まで一気にスキップ出来る機能があったら嬉しかったです。おまけ機能もあるのでフルコンした後も楽しめる要素があります。また此方の作品自体が17禁なのですが、同じ会社から出ているディアラバよりもストーリーはエグいしグロいと思います。ディアラバなんかは無印とかでは拷問シーンがあっても少しビビらせる為だったり結局は寸止めなものが多いですがこの作品は本当に拷問します、焼印も押されたりしますし。読み進めているだけですが精神的にしんどいシーンも幾つかあります、キャラによっては悲しくて辛くて泣きそうになるシーンも多いですがメンタル面がお強い方やエグいのやグロのが大丈夫な方で尚且つダークな世界観が好きな方であればハマれると思います。

 

DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition 感想

 

 

 

DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition (通常版) - PS Vita

DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition (通常版) - PS Vita

 

 

 

ついにダイナーに手を出しました。ずーっと気にはなってたんですけどブログ見てる方は知ってる通り私はPCゲームというのはなんだかやる気になれないのでスルーしてました。キャラのツイッターやブログはちょくちょく覗く程度で、しかも最近はすぐVitaに移植しますからなんだか購入するのを勿体無く感じてしまって。結局移植してくれたので移植待ちをしていた側としては嬉しいです。ダイナーといえばプレイしてる方々ほぼほぼ乙女の地雷を詰め込んだゲームで無理な人は無理だと思うと口にしていました。フルコンした自分もそう思います(笑)

 

 

 〈こんな人にオススメ〉

・バンドマンと恋愛したい

・多少のエロが平気

・サイコキャラがいても大丈夫

・モブから酷い扱いをされても平気

 

〈こんな人にはオススメしない〉

・糖度高めの甘々な話が好き

・女性関係が酷いのは嫌だ

・エロやイジメなどの要素はいらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから先ネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shiba1018:20170118174813j:image

  • 檜山 朔良

 ほぼほぼヒロインが家政婦兼保母さん化してた、気怠い感じの朔良もいいんだけどテンション上がってる朔良が好きだなあ。好きになってからの朔良が可愛すぎて悶絶です。

 

 

f:id:shiba1018:20170118174854j:image

  • 結崎 芹

 ハルちゃんの忠告だったり、共通BADだったりでなんとなくヤバそうなイメージしかなかったけど本編もっとやばかった。多分一番芹はヒロインに関心と好意を持ってるんですよね、ある意味Liar-sを作ったのはヒロインの為のように思いました。執着も嫉妬も凄まじいけど嫌いじゃない!(笑)芹√の朔良がいい味出してて良かったです。

 

f:id:shiba1018:20170118174910j:image

 ツンツンってよりは結構ツンデレで、デレも最初の方から多くてとてもちょろかった(笑)攻略キャラの中で一番まともなストーリーです、闇も病み要素もなかった。とにかくめちゃくちゃ可愛い、ずるい。基本年下キャラは苦手だけど千哉くんとても良かった。可愛いは正義です。

アンコール

 

f:id:shiba1018:20170118175003j:image

  • 榛名 宗太郎

 Liar-sメンバーの中で一番闇が深かったし過去が壮絶すぎた。てっきりオネエなのは元からでハルちゃん自身好きでやってるんだと思ってたんですけど全然違かったです。ハルちゃんが宗太郎になるギャップがとても好きです。

 

 

 

【総評】

バンドマンとの恋愛を謳っているので登場人物全員勿論バンドマンです。バンドマン=チャラいを想像していたのですが見事にほぼほぼ皆チャラいです。確かに人を選ぶゲームだと思います、地雷な方も多いと思います。本編ストーリーの長さは早い人なら一日あれば終わるくらいの長さなのでそれ程長くはないです、FDの方は本編よりも短く選択肢も少なく一日掛からずにすぐ終わりました。元々pc版ということなのかスチルの枚数はかなり少ないと思います。ボリュームもスチルも少ないのですが途中に出てくるLiar-sの楽曲pvなどが、出てきたりもするのでかなり拘って作られているように感じます、おまけ要素も結構良かったので楽しめました。とにかく、地雷要素が多くても大丈夫な方はプレイ出来ると思います。

剣が君 百夜綴り 感想

 

 

 

 

FD発売おめでとうございます、続編製作決定の発表からやっとですね。此方もオトメイトさんで発売されたCode:Realize ~祝福の未来~ 感想と攻略 - ひとりごとと同様に前作と今作が合わさったツインパックが発売されているので気になっている方はツインパックの方を買ってみて下さい。バラで買うよりもツインパックの方が恐らくお得だと思います。

 

 

 

 

 

ネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【総評】めちゃくちゃボリュームありました。短編なのですが100本以上の詰め合わせなのでそりゃそれなりにボリュームもあるよなあと。操作は前作と同じです、BGMも特に変わりはありませんでした。今回は攻略キャラの他にサブキャラの話も盛り沢山で、尚且つ攻略キャラの本編に入るとほぼほぼ他の攻略キャラは前作では出ないことが多かったのですが今回は攻略キャラの皆で行動するシーンが多く楽しめました。スチルは相変わらず美しいのですが、ただ螢が女顔というか前作の方が男らしい顔付きが多かったかなと思います。左京さんなんかは基本は女顔なのですがより一層女顔に磨きがかかったような…。あとはスチルの枚数が多過ぎてびっくりしました、こんな描いて大丈夫ですか!?!?ってくらいの枚数があります。剣が君の絵師さんである読さんは筆が早いらしいのですがほんと圧倒されました、凄いですほんと。スチルも話も良かったのでそれだけで満足です、でも勾玉集めがほんと面倒臭かったです、頑張りました。皆さんも頑張ってください。

Code:Realize ~祝福の未来~ 感想と攻略

 

 

 

 

ようやくFD発売ですね、おめでとうございます。まさか本編プレイ前にはキャラソン全巻買ったりカフェに通い詰めたりグッズ買いまくる事になるとは思いませんでした、コドリアって凄い。

今作は本編でもある前作で攻略したかった!とファンの声が大きかったショルメも攻略キャラ入りをした事もあってショルメも好きな私はとても嬉しいです。本編やってないから続編やれないって人にはツインパックとして本編+続編が入った物も販売していて本編と続編バラで買うよりも安いです(恐らくですが)コドリア気になってた!という人はツインパックを買うのをオススメします。

 

*選択肢があるのはフィーニスとショルメ√のみです。全てのストーリーに攻略制限はありませんが個人的にフィーニスを終わらせてからアフターストーリーのルパン√を攻略した方がいいかと思います。

 

それじゃ、感想書いていきます。

 

 

 

 

 

ネタバレしてます、注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shiba1018:20161124162322j:image

⚪︎ アルセーヌ・ルパン

 お店近くでシシィを抱っこしてムカムカしたり照れたり百面相してるルパンが可愛すぎました。ラストでは再びカルディアちゃんを盗んでいってくれたルパンにひたすら萌え、やっぱりメインずるい。

 

f:id:shiba1018:20161124162558j:image

⚪︎エイブラハム・ヴァン・ヘルシング

 ただの惚気でした。なんだこの痴話喧嘩は(笑)ルパンとインピーがヴァンルートではいい味出してたなあ、インピー格好良かった!

 

f:id:shiba1018:20161124162613j:image

⚪︎ヴィクター・フランケンシュタイン

ホロロギウムに関して前作では解決したのに再発するかもと言われて!?!?でした。お弁当を届けに行くシーンだったり様々なシーンでカルディアちゃんがほんとにフランのことを大好きって伝わってきて見てるこっちは幸せだった

 

 

f:id:shiba1018:20161124162631j:image

⚪︎インピー・バービケーン

今回もかなりいじられてて笑いまくりです!弄られてばかりだけど時々真剣なインピーも見れて嬉しかったです。月に行くのもそう遠くはないみたいなので月に行ったインピーとカルディアちゃんのスチルを見たい!!!!結婚式のシーンもインピーらしいですよね!!!

 

f:id:shiba1018:20161124162650j:image

⚪︎サン・ジェルマン

人間になったサンと毒を持ったままのカルディアちゃんなのでどうやって毒を除去するのかなと思いながら読み進めていましたがなるほどでした。いつもは余裕なサンちゃんの余裕がなくなったシーンは必見ですよね!にしてもサンちゃん√ではアフターなのにルパンがいい味を出していてほんとルパンってずるいwサンちゃんから貰った指輪とっても素敵でした!

 

 

f:id:shiba1018:20161124162705j:image

⚪︎フィーニス

どんな流れからフィーニス√に入るのかなと思ったらあそこの流れからなんですね。違和感など感じる事なくすんなりフィーニスのストーリーに入り込めました。人形から人間になったフィーニスが本当に弟してて、カルディアちゃんもお姉ちゃんしててとっても可愛かった。まさかフィーニス砲が出てくるとは思わず笑いが出てしまいましたが(笑)

 

f:id:shiba1018:20161124162711j:image

⚪︎エルロック・ショルメ

 めちゃくちゃよかったです!!!!ワトソンくんも格好よかったし、なによりショルメが本当に格好よかったです。ショルメの過去も明らかになって彼について詳しく知ることもできました。謝罪に行ったあとや解毒が成功したカルディアちゃんとショルメのその後の話が見たくて仕方ないです。カルディアちゃんとショルメがお付き合いしてる間のルパン一味とのやり取りも見て見たいです

 

 

 

【総評】

話のボリュームは本編である前作と比べてしまうとかなり減っています。アフターストーリーは1キャラ1時間〜2時間程度で終わり、どちらかといえば本編中にあったストーリーとフィーニスとショルメのストーリーの方が攻略キャラ達のアフターストーリーよりも長めです。少し物足りなさは感じましたがFDということを考えるとこんなものなのかなと思います。前作ではカルディアちゃんの猛毒を解決できたメンバーと出来なかったメンバーがいますがその点に関してもアフターストーリーにて綺麗に解決してくれました。フィーニスとショルメ追加に関しても本編中のストーリー設定でしたが違和感を感じることなく入り込めることもでき、本編の途中にあった物語であるギャング編もとっても面白くて満足の出来でした。ストーリーに続き、スチルに関しても前作と比べると1キャラ7枚程度です、攻略追加対象であるフィーニスとショルメは11枚程度でした。ルパン一味のスチルの少なさは感じるもののイラストは相変わらず美麗なので満足です。フルコンスチルもありました。再びルパン一味と会うことができて嬉しかったです、今後もコドリアが続いてくれると嬉しいのですがもう今回の続きとしてゲームが出るのは難しそうな感じもしますね。なんらかの形で続いてくれることを楽しみに待ってます。

数乱digit 感想

 

 

数乱digit

数乱digit

 

 

 

 

 

ネタバレしてます、気を付けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【総評】システムはいつものオトメイトシステムです。長めの共通→生徒会編or数研編→個別の流れになります、個別は結構短いです。二週目からなら1人攻略するのに2.3時間ちょっとあれば終われるかと。プレイ前から短い短いとネットやSNSで耳にしていたので長さにはそれ程期待はしてませんでした、その分ストーリーが面白ければいいなと。けれど肝心なストーリー部分が残念でした、数家と数乱戦という設定はとても面白いのになあ。いつどこで攻略キャラがヒロインを好きになったのかという恋愛過程は無いように感じました。特に央助√では。ヒロインは個人的に好きです、やる気のないゆるだる系ヒロインはなんだか珍しい。サブ含め女子組がとても可愛かったです。ただストーリーの内容にヒロインへ対する陰湿なイジメ部分(土下座しろだの)やとあるキャラから腹パン?腹蹴り?される部分が含まれたりもしているのでそういうのが苦手な方はお勧めしません。スチルも綺麗なものが多く、キャラクターも個性的なキャラが多かったのでストーリーだけが残念でした。確かにキャラクターや設定や絵柄も大事ですけどストーリーの長さや濃さも同じくらい重要なんですけどね。でもどのキャラも短めでサッパリ終わるので長々しいのはやりたくない短時間でプレイしたいって人にはいいかもしれないです。FDが出たらサブキャラ達と推し目当てで買いそうな自分がいます。